ホーム>お知らせ&ブログ>ブログ>とんち話
ブログ

とんち話

一休さん。室町時代の僧、一休宗純の愛称。代表的な説話です。

一休さんが、橋をわたろうとすると、「このはしわたるべからず」と書いてある。

しかし、「この(橋)、端ををわたるべからず」と 切りかえし、橋の真ん中を堂々とわたった。

その後、「真ん中を歩いてもだめ」と 難題だったが、「橋にのらねばよいのだ」と

敷物を敷いて上を歩きわたったそうです。

人生、常識ばかりの頭だと、問題の解決の糸口が、見えてこないが、頭を柔らかくして、考える

ことが、明るい未来につながることになりますでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-feuillage.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/59

ページ上部へ