ホーム>お知らせ&ブログ>ブログ>名曲シリーズ
ブログ

名曲シリーズ

スメタナ(1824^~1884)  「モルダウ」

 チェコでは、ヴルタヴァル川と呼ばれてる、交響詩「わが祖国」。

 作曲家は、聴力を、失ってから書いたとのことで、驚きです。

 つまり、複雑なハーモニーを、頭の中だけでならして書いたという

 ことです。スメタナ自身が、こう言ってます。

 「森林や、牧草地を経て、夜となり、月光の下、水の妖精たちが舞う。」

 この曲は、幻想的な美しさに満ちていて、祖国への愛情に溢れてます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-feuillage.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/62

ページ上部へ