ホーム>お知らせ&ブログ>ブログ>名曲シリーズ
ブログ

名曲シリーズ

ベートーベン(1770~1827) 後期弦楽四重奏曲

 大事な聴力を、うばわれながらも、音楽を書き続けた作曲家。

人生の最後に書いた弦楽曲。ただ愛する音楽と共に、ありたいと思わせる曲。

12番、15番、13番、14番、16番。

13番の「カヴァティーナ」第5楽章。抒情的なアリア。

本当に天国な美しさを感じます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-feuillage.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

ページ上部へ